宅地造成工事/土地・建物買取/不動産仲介業務
不動産情報 造成工事 不動産有効活用 土木・建築事業 会社概要

よくある質問


土地購入の流れはどのようなかんじですか?

土地に関する知識を参照ください。

農地転用について教えて下さい

新築で家を建てる時に両親や祖父母の所有する土地を提供してもらえる場合があります。
その際によく問題になるのが「地目」です。

「地目」とはその土地が何のための土地なのか?という事を明確にしてある情報で、登記され、管理されています。

その土地が、市街化区域内の「宅地」で登録されていれば問題なく、そのまま家を建てることができます。
「雑種地」などの場合にも地目変更登記をすれば問題なく家を建てることができます。

しかし、問題になるのはその「地目」が「田、畑」になっている場合で、つまり農地に住宅を建てるということになります。
この場合は、「農地」を「宅地」に変える農地転用という手続きが必要になります。

「農地」は農地法という法律で守られています。

「耕作者の地位の安定」と「国内の農業生産の増大」を図り,もって「国民に対する食料の安定供給の確保に資する」

上記を目的として昭和27年に施行されました。

つまり、農家の地位と国内の農業生産を守る事は国民のためにも重要である、という考えからの法律です。
そして「農地とは耕作の目的に供される土地(農地法第一章 第二条)」とされています。
農地法により、「国民の大切な食料を作るための田畑を個人の自由で宅地にしてしまう」という事を規制しているわけです。
大切な農地が無くならないように農地転用という決まりをつくり、農地を宅地にする場合には許可が必要ということになっています。

・土地の所有者の権利移動を伴う売買や贈与(5条申請)
・自己所有の農地に自宅や、賃貸住宅を建築したりする場合(4条申請)
など様々なケースに応じて許可申請が必要です。

新築でお家を建てるための土地を探していて、その中の土地物件の備考などの情報に「農地法5条申請要」と書かれている場合を見かけます。
農地転用の許可を得られなければお家を建てることはできないのですが、まだ農地転用が済んでいなくても売買契約の話を進めることができてしまいます。

農地転用の許可が得られなければ、土地を購入しても家を建てられないので農地転用のスケジュールなどを売主や不動産会社に確認しておく必要があります。

農地転用の届出先は基本的に農業委員会です。
市街化調整区域の場合は家を建てることのできない事もありますので、注意が必要です。
農地法については様々な制限がある場合があります。
またその他にも土地に関わる制限や条件などもあるため、仲介業者となる不動産会社に確認してもらいましょう。

隣家との距離について

南面道路付けの土地物件は特に人気のある物件です。
新築で注文住宅を建てようと考えている方以外にも、不動産会社自体も建売物件を建てて販売したり、建築条件をつけたりして利益を伸ばすために欲しい物件です。

南面道路付けの土地に人気が集まるのはやはり日当たりが好いというのが一番の理由です。
しかし注意しなければいけないことがいくつかあります。

南側の道路と土地の高低差がない場合には、南に面した部屋は通行人の視線が気になる場合があります。
また庭や洗濯物も見えてしまうということもあります。
こうした場合の対策として目隠しの設置が必要です。
また2階にリビングを設置することもひとつの工夫で、視線を気にすることなくリビングを明るくすることができます。
一般に南面道路付きの土地だと日当たりがいいと思われがちです。
しかし実際には道路の反対側が山や傾斜地だったり、または高さのある建物が既に建っている場合だと、日が当たらなくなる時間は早くなってしまいます。

日当たりの悪さをを解消する場合はこちらも家造りの間取りプランに工夫することで解消することができます。
日当たりの悪い南面道路だけではなくその他の日当たりの悪い土地に新築建てる際にも共通することですが、トップライト(天井窓)や天井近くの高い位置に取り付けた窓で彩光をとることで日当たりの解消もできます。

人気の南面道路付きの土地ですが当然、デメリットもあります。
南面道路付きの土地だと間取りとして台所や浴室などの水まわりを北側に配置することが多くなります。
そのため水まわりの給排水の配管が長くなり、その分の建築コストが高くなってしまいます。

南面道路にかかわらず、日当りやプライバシーの確保などはプランの工夫でカバーできることもあります。
また日の差し込む角度は季節によって変化するので、そういったことを踏まえながら土地周辺の環境を考慮して建物の配置や窓の位置などを新築のお家作りのプランに反映させていきましょう。

▲ページのトップへ

岩国の土地・不動産のことなら日栄興業へ!宅地造成工事/土地・建物買取/不動産仲介業務

日栄興業株式会社
〒740-0018山口県岩国市麻里布町4-4-26
TEL 0827-21-1630
FAX 0827-22-3306

COPYRIGHT © NICHIEI KOUGYO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.